忍者ブログ

規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(no subject)

カラー図解 生理学の基本がわかる事典 西東社
P144-P145
血中カルシウム濃度に関して

視床下部から甲状腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌。そこから脳下垂体前葉から甲状腺刺激ホルモンが分泌。それが刺激となって甲状腺から甲状腺ホルモンが分泌(サイロキシンとリヨードサイロ二ン)。


首の前の下側にある甲状腺。甲状腺の背側に左右二個の副甲状腺があり、ここからパラソルモンが排出。これは血中のカルシウム濃度を増加させる。甲状腺のろ胞傍細胞から分泌されるカルシトニンが血中カルシウム濃度を低下させる

パラソルモンを抑制し、カルシトニンを働かせる。視床下部がある頭頂部に電磁波を当てない。アルミニウムのヘアケア商品などが手軽。首裏などは塩アイロピーまたはゴムなどで保護すると手軽。



オールカラー早わかり 生理学ハンドブック ナツメ社
P22-P29
静止膜電位 活動電位 興奮の伝導
「興奮すると人体はどう反応するか」に関しての知見
電磁波干渉者によって、興奮されたり刺激された部位を強く触らなければ、人体の基本状態が維持される。興奮しそうになったら、息を吐き、肩から脱力すると生体電力を生ずる脱電位変化が起きない。すなわち生体電気が発生せず、電磁波干渉されても、身体に重大な変化が起きにくいことを意味する。
できれば姿勢を良くし、自らの電磁オーラを卵型に維持したほうがより防御効果が高まる。スマホ見ているような猫背姿勢はNG。BMIを適用するため周波数攻撃をされたら、あばら骨などを手で抑えたりすると周波数変化を抑制できる


また16時間以上食を制限せることで、電磁波による身体干渉効果は下がる。飽食や糖依存は豊かな現代病。節食はガン予防にも繋がる。

拍手[0回]

PR