忍者ブログ

規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(no subject)

頭部に限らず、手の甲とかに「Caイオン断片」が配置されている場合がある。そこを潰すと、反射区の動きをする


同じくあばら骨をゆがめられたことがあるなら、小さく歪んでいる場所が、同じくアンテナとされ、反射区にされている


骨の歪みは、骨芽細胞を活発かさせ、Ca2イオンを排出させる。骨阻そしょう対策には効果がある。というか、階段をかかとに振動与えながら歩けば、歪み必要ない。十分



もとに戻る
腰、あばら、頭、背骨、肘膝などの関節が狙われやすい



話は飛ぶが、小さなチタン粒などを配置したら、アンテナとして利用されないように、その上にゴムを被せれば良い。そしてランダムに剥がれるくらいが、コンピューターイメージプログラム(通称ゴースト)破壊にちょうど良い。



ひとつの素材で考えない。コレがダメだから、アレと飛んでも、良い結果を生むことは少ないのだ。コレのダメなところを別なものでカバーしてあげればいい。見方を変えれば、突出しているところ、長所となるところがあるからだ。シチュエーションによるが、そこを軸に考えても良いのだ

拍手[0回]

PR