忍者ブログ

規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(no subject)

左顎骨を引き上げ、耳斜め後ろツボの近くにCa滞留場所を作り、骨を閉じた。そのことによって情報送受信伝達を速め、身体再現イメージを取得した

連中はそうやって取得した夢映像(警察が人工的に見させる夢とも近い)を、

バカンス「アシアトウアン」シアター

と言って楽しんでいた




また、精度が上がるのではなく、本人や周囲への誤認形成を主眼としているに過ぎない。

Ca物質の寿命は1日とされる。されたものの、特に上あばらが身体全体で薄くなって見える。またあばらを圧縮し、あばら内臓器を圧迫させ死に追い込むやり方だと言われる。連中いわくヨーロッパで主流。さらに言えば、骨からCaイオンを無理やり排出しているので、増結細胞がある骨髄の働きに異常が現れている。

こういうところに、あなたたちは転送して、任せているのだ



個人的に言うなら、
速度を速めても、気がつける本人は気がつけるし、周囲はそこにAI編集介在可能な中間媒介(コンピューター)があることを認識できる

今は頭及び足裏の反射区を利用してやろうとしている

電磁環境として標準な
無線と配電盤に気を付けるように

拍手[0回]

PR