忍者ブログ

規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(no subject)

耳をアンテナにするために外耳にCaの細い線がはっている場合がある。爪で退縮できる。だいたい耳斜め後ろツボを中心に考えられている。

頭頂部からの場合は、延髄および、首からずらされた第七脛椎を経由して、ステゴザウルスのようにされた背骨から腰骨を利用される

シンプルな配線ではなく、複雑に組んでくる場合もあるが、大抵Xである

鼻や顔の隆起部をアンテナにされることもある

とりあえず一定時間盛り塩袋をあてれば判別できる

また電流は身体上では左から右に流れるのが基本



目にも盛り塩袋を乗せて電磁波除去したほうがよい

拍手[0回]

PR