忍者ブログ

規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(no subject)

頭部Aに電磁波があたり、それを経絡のように人工的にBに当てるかCに当てるかを、リアルタイムにコンピューターで切り替えられる模様。BやCは基本的に既に取得したもの(既知身体反応箇所)だと考えられる。



また旧来のように、脳みそに直接針でさして反応を確かめるように、コンピューター上で脳ポイントをさし、身体の反応箇所をみつけようとすることがある。ダメージを与えられる箇所だと、「ヒット」などと呼び、取得ポイント数を述べる

連中がそれらのデータを管理し、以前寝ているときにされたが、全ての痛みの箇所を同時顕現させる技もある。


V2Kにいるバカは「スゲーじゃん」などと言うが、自分がターゲットにされえる近箇所にいることを分かっていない。


とりあえず金あるなら2.4Ghz防ぐ帽子買え

また、電場を消すエルマクリーンは評判が高いらしい

また腰からなど伸ばすCaは帯電を減らすことによって伸びる速度を著しく落とすことができる


はっきり言えば、旧共産革命より劣化した誰のことも考えないカルトである。タルムード、ゴイム、金があれば支配できると考えている永劫内側存在でしかない


牢獄は上記連中お前らのあり方である

拍手[0回]

PR