忍者ブログ

規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(no subject)

朝起きて、寝たまま伸びをしたら、あばら骨が折れました。

どうやら昨日からあばら骨右横真ん中あたりにBMI的に?長い棒?を入れられ固定されていた(強い痛みを感じた)のですが

あばら骨最下部の前面へのそりが、平面にされ、腰部に近くなるように伸ばされていた。そのあばら最下部の骨を、そこから伸ばした偽Caで腰骨と連結させ、体が伸びをすると、腰骨より弱いあばらの方が折れるように設計した模様


森下医学的な、傷部または骨芽の周波数同期接着?を利用した感じとも考えられる


偽Caは、電磁波で簡単に硬化したり、硬化を解いたりできる。分からないと元々の骨や筋肉だと思ったり、バレると即座に姿を隠せる。主に生体電気量で、その速度は決定されることは確認済み


拍手[0回]

PR