忍者ブログ

規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

衛星から向けられる指向性近赤外線=脳アクセスの頭蓋骨接合部開き対策

衛星から向けられる指向性近赤外線=脳アクセスの頭蓋骨接合部開き対策

テコの原理同様、力もニューロフォンも遠くからの方が力が大きくなる


答えから言えば
腰=お尻を内側へキュッと引き締める

膝を外に拡げない。O脚を治す

背筋を伸ばす

肩甲骨をおかしな位置にさせない=立ち姿勢で膝に手を置き、肩甲骨をもとに戻す=もっといえば「だっちゅーの」のポーズのまま背を伸ばし肩周辺の筋肉を緩める



そのまま両頬に手を当てて内側に軽く押すか、両耳に手を当てて軽く押すか、側頭部上部を強く内側に押す

何度も言いますが、適度にやる。ずっとやらない。

姿勢を改善させる

おかしいと思ったら止める
連中から発する音は騙し音が含まれるので参考にしない


これで少し楽になるはずです

また全ては良い悪いが隣接していることに気がつけるはずです。そのことをニューロフォン連中は理解していません

拍手[0回]

PR