統一教会経由で、北朝鮮から横流しされる覚醒剤を密売して政治資金を捻出してきた安倍朝鮮悪晋三一味。米朝融和のおかげで、金正恩から切り捨てられ、覚醒剤ビジネスが頓挫する危機。このままでは、自民議員、不正選挙選管、そして馬鹿メディアの買収に必要な裏資金が枯渇する!朝鮮創価から資金を引き出すのにも限界がある。


非常に困った安倍ちゃんは、子飼いのスパイ、アイヒマン北村に極秘裏に命じて、7月にベトナムで北朝鮮高官と折衝させた。「か、覚醒剤を分けてください。ウワーン。」と。だが、金正恩の返事は芳しくない。全然、相手にしてもらっていない。


このベトナム極秘会談が、北朝鮮筋からトランプさんにばれて、トランプさんは、ご立腹。やっぱり、安倍ムーニー晋三は信用できないと。その通り!


これで、安倍一味に対する不信感は倍増し、トランプさんによる安倍処刑がさらに決定的に!ずる賢い、卑怯な安倍一味の正体に気づいたトランプさんは、大鉈を振るう。


今後はクビチョンパ安倍 と呼ばせてもらおう。W


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

とくお

裏社会の焦りを感じますね。


日朝の高官、極秘に接触か 米は事前連絡なしに不満示す


https://www.asahi.com/sp/articles/ASL8Y254QL8YUHBI004.html


米ワシントン・ポスト紙(電子版)は28日、複数の関係者の話として、北村滋・内閣情報官と朝鮮労働党統一戦線部のキム・ソンヘ統一戦線策略室長が7月にベトナムで極秘に会談していたと報じた。米政府高官らは日朝両国の情報当局高官の接触を事前に伝えられず、不満を示しているという。


北朝鮮の情報当局とのチャンネルは、ポンペオ米国務長官が米中央情報局(CIA)長官当時に利用し、6月の米朝首脳会談の開催に結びつけたこともある。


日朝間の接触をめぐっては、河野太郎外相が今月3日、シンガポールで北朝鮮の李容浩(リヨンホ)外相と接触。安倍晋三首相は6日の記者会見で、「最後は私自身が金正恩(キムジョンウン、朝鮮労働党)委員長と対話し、核・ミサイル、何よりも重要な拉致問題を解決し、新しい日朝関係を築かなければならない」と述べ、日朝首脳会談の実現に意欲を示している。(ワシントン=園田耕司)