忍者ブログ

規則的な時間がない カタチを変え 互いの位相を交換した フラクタル構造体

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(no subject)

トオトウミイメージングは、従来右足首(アキレス腱)での筋肉による電気発生を利用している

またいずれにしても、携帯で動画を見るように電磁波にデータを乗せてアンテナ着信し、それを電気信号にし脳へ伝達している。背骨主要二ヶ所アースで、主要映像は途切れた


いずれもブラックアイガイアスは利用していない状態

電気信号伝達の径絡(ツボ)と骨への振動(周波数)で構成されている

それらを前述BMI人形への物理処置を個別脳解析情報とシンクロさせ、双方向通信になる電磁波(近赤外線など)を使用した衛星でやり取りしている


またアースは、身体に着けず、顎首肩の中間空間に浮かすと、連中の送信データが乱れバグる。ここからも空中からデータ送信されていることが理解される



自分をビンタして、ザーとなったり、通常と違う場合はBMI人形などのある空間と周波数同期をさせられている

拍手[0回]

PR